読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジャニーズWESTJr時代→デビュー で思うこと。

 

2016年12月24.25日にあったジャニーズWEST初ドーム公演。

私は行けなかったんだけど(受験生)、Twitterで流れてきたレポを見て思ったこと。

 

Jr時代の映像が流れたり、Jrの曲を歌ったりしたらしく、『7 WEST』『B.A.D』『BOYS』っていう(あってるかな?)私の知らないJr時代のグループの名前が出てきて、気になったので調べてみました。

私が調べたことがあってるかどうか、全部かどうかはわからないけど、それを知って思ったこと。

 

ジャニーズWESTデビュー秘話

 

『B.A.D』 桐山、淳太くん

『BOYS』はまちゃん、中田大智

『7 WEST』しげ、流星くん、神ちゃん、のんちゃん、竹本慎平、新垣祐斗、中山優馬くん

 

全部関西Jr内のグループで、辞めたJrはわからんけどジャニーズWESTの入所日は近くはない。淳太くんとのんちゃんで9歳差やからね。

 

『BOYS』

濵田崇裕と中田大智
昔の少クラをYouTubeで探したらすぐ出てくる。年齢的にもJrの中では上の方で、人気のあったグループだったそう。
そんな中、中田大智はJrを辞めた。(理由は調べてみてください) ひとりになったはまちゃんは、いろんなグループをたらい回しにされ結局はソロで活動。

 

『7 WEST』

『7 WEST』ももちろん7人でデビューを目指していたのに、中山優馬くんがNYCとしてデビュー。それとともに7 WESTを脱退し、6人での活動がスタート。このとき、しげだけは涙を流さず、『俺らも優馬に追いつく。寂しくなったら戻ってこいよ。』と送り出したそう。はぁ泣ける、、、( ; _ ; )

6人で再スタートした『7 WEST』だったけど、2012年の夏、竹本慎平と新垣祐斗は理由も言わずにジャニーズを退所する。もちろん『7 WEST』からもいなくなった。しげとのんちゃんは2人の退所を止めなかった。しげは『ふたりが決めた道。応援してあげよう。』と、のんちゃんは『ふたりの人生を狂わせたくない』という理由だったという。デビューできるかなんて、いったらジャニーさんの気まぐれで。デビューできないで終わる人もいる世界だからこそ、簡単に引き止めることはできなかったんだろうな。一緒にやってきた仲間とデビューしたい気持ちがないわけないのに。切ないなぁ。

4人になってしまった『7 WEST』。神ちゃんは「絶対にこの4人でデビューする」と語っていたそう。

 

だがその夢も崩れる。

突然のデビュー発表

2013年12月31日。カウコン。

『B.A.D』の桐山照史中間淳太

『7 WEST』の重岡大毅小瀧望

の4人が『ジャニーズWEST4』というグループでデビューすることが発表される。

なぜか同じ『7 WEST』の神山智洋藤井流星の名前はなかった。いっしょに関西を盛り上げてきたはずの濵田崇裕の名前もなかった。

デビューが決まって、年明けに行われたあけおめ魂でも雰囲気は最悪だったそう。ファンもメンバーも楽しくなかっただろうな。

デビューが決まった4人も、決まらなかった3人も思うことは同じで

7人でデビューしたい。

 

しげ『7人でデビューしたい』

のんちゃん『人生がかかってる』と相手のことを考えた

桐山  3人のことを思って悩んだ

淳太くん 『7人でやりたいからこそ、デビュー自体をなくさんように』

4人がそれぞれ動いた。

 

デビューが決まらなかった3人、神山智洋藤井流星と濵田崇裕。

 

唯一腐らずに「グループに入りたい」と動いた流星くん。4人と話すのは気まづく、優馬くんに相談しようと電話をかけた。話し始める前に「今すぐジャニーさんに電話しろ!100%いける」と言ってくれたそう。もともと同じグループでやってきた仲間だからこそ、思ってることはなんとなくわかってたのかな。自分ひとり抜けて、デビューして、ちょっとは罪悪感もあったと思うし。何にしても力強く背中を押してくれた優馬くんに感謝。

その言葉にスイッチが入って、はまちゃん神ちゃんにも電話で伝える。「入られるかはわからない。それでもできる努力はしよう。」と。

 

諦めてたはまちゃんも、抜け殻だった神ちゃんも「7人でデビューしたい」一心で動き始める。

 

そして、

ジャニーズWEST』デビュー!

 

やっと掴んだ7人でのデビュー。

いいことばかりではなく。。。

 

デビュー後のメンバーの格差

デビュー曲は『ええじゃないか』

7人でのデビューのはずなのに歌割は全て4人で歌っている。

衣装の装飾に差があったり、立ち位置にも前4人と後ろ3人ということもあった。

神ちゃんが「衣装で帽子をかぶりたい」と言うも事務所は却下。「僕も帽子かぶるので神ちゃんもかぶらせてあげてください」と。衣装の装飾に差があったときには「いっそ全く別のものにして目立たせてください」と積極的に動いた淳太くん。他のメンバーも、立ち位置が決まってないときは3人を真ん中に、トークでは「神ちゃんどう?」など3人も巻き込んで喋るようにしたそう。

ジャニーズWEST4で4人だけののデビューが決まって、カウコンにいたお客さんで泣いてる人もいて。せっかく7人でデビュー決めたのにこれじゃ意味無いって思ってたんだろうな。自分たちで掴みとったんだもんね!やっぱりすごいな。

 

 

ジャニーズWEST初のドーム公演

2016.12.24&25. デビューして約3年。京セラドームにて初のドーム公演を終えたジャニーズWESTのみんなほんとにお疲れ様でした!

 

グッズのペンライトはめっちゃ持ちにくそうな雪だるまの形をしたやつ笑。 7色全部に色変えれるんやって!

 

 

レポによると、最後の挨拶ではメンバーみんなが泣いたor泣きそうだったそう。All my loveでは涙をこらえて歌えなかったメンバーも。

そりゃそうだ。行ってないのにレポみてAll my love聴いただけで涙腺崩壊な人がいるんだから。(ここに)

ということで歌詞を貼っちゃいます笑

 

『All my love』

遠くに離れて気がついたんや
あなただけが僕のこと理解ってくれた
なのに感謝を言葉にしたり
恩返しもできひんかった(ごめんな)

ああ 面と向かっては
恥ずかしくていえへんよ
ああ せやけどこの気持ちを
心から伝えたいねん

All My Love いまの僕が笑えるのは
So,All My Love あなたがいたから
しんどいことあっても 乗り越えて強くなれた
All My Love 支えてくれて ありがとう

どうして素直になれへんかった
こんな僕を見捨てずに叱ってくれたのに
どんなに迷惑かけたときでも
あなただけは味方してくれた(ありがとう)

ああ 偉そうにいうても
助けてもらってばかり
ああ 何気ない毎日でも

当たり前なんかやない

All My Love これからは僕があなたの
So,All My Love 力になりたい
顔が見えなくっても 分かち合える喜びが
All My Love ほんまに倖せ ありがとう

いつか 与えられる人から与える人へ
ちょっとずつ 成長したいんや
そして あなたから学んだ思いやりを
これからもずっと大切な人に伝えたい

All My Love いま僕が頑張れるのは
So,All My Love あなたがいたから
これからも一緒に 前向いて歩いていこう
All My Love 勇気をくれて ありがとう

 

初のドーム公演はどうだったかな。

入所して先輩のドーム公演でバックで踊ったあの日。しげは『10年前の自分が見てるような気がして。』って手を振ってたんだよね。

夢を一緒に追いかける仲間ができて、素敵な出会いも悲しい別れもあったよね。

1度は諦めかけたデビュー。4人デビューという7人にとっても、ファンにとってもとんでもなく辛かったできごと。あのとき目の前で悲しくて泣いてたお客さんは、今は嬉しくて泣いてくれてるということ。たくさんの人の光に囲まれて、挨拶のときには4万5千のペンライトが自分の色に光ってるということ。

私はその光の1つだから、わからないけど。

何があっても諦めずに来た自分たちを誇りに思ってるんじゃないかな。

Jr時代に支えてくれた一緒に頑張ってきた仲間が、人数は減ってしまったけど、今も横で支えてくれてること。

たくさんのグループが『解散』や『メンバーが脱退』ということを経験してる中、ジャニーズWESTは絶対に、何があってもその手を離さないでね。大きな壁を乗り越えてきた7人なら大丈夫だと思います。そして、辛いときに私たちファンのことを思い出して頑張ってくれるようなことがあればそれ以上のことはないです。

 

これからもずっと。

7人横並びで。

力強く前に進んでください。

応援しています。

 

 

※私の知ってる限りのことと、一個人の感想です。間違ってるとこがあれば教えてください。